痛風など生活習慣に潜んでいるとても怖い病気

がんの恐ろしさ

マスクをした男性

たくさんの病気がある中で、多くの人が、がんという病気を耳にしたことがあるはずです。がんというと恐ろしいというイメージを持つ人がほとんどで、掛かってしまうと命に関わる重い病気といった想像をしてしまいます。がんとは、身体の中にある何も問題のない細胞がいきなり変化してしまうことをがん化するといいます。がん化する原因は様々です。がん化した細胞は勝手に数をたくさん増やしていく恐ろしい特徴を持っていて、それだけではなく、周りの細胞や組織を傷つけます。そして血液の流れになって身体のあちこちに広がりそこでも周りを傷つけ、増殖します。これをがんが転移するといい、この言葉も聞いたことがあるでしょう。
がんの中で胆管がんという言葉はあまり耳にすることがないと思われます。胆管というのは、肝臓と十二指腸の間にある管のことを胆管といいここががん化した細胞が増えていくと胆管がんになってしまいます。胆管がんになってしまう原因は実のところまだハッキリとわからないということになっています。ウィルスなどが原因となっているという一因以外では脂肪分を多く摂り過ぎることもあまり良くと考えられています。胆管がんは身体の奥深いで発症しますので、検査するにはたくさんの方法があります。超音波を用いて検査したり内視鏡を使う検査、それ以外にあと5種類あります。
がんは早期発見することが治療していくことが重要な鍵となりますので、一度病院で検査してみてください。そういった心がけが大事ですので、是非病院に行ってみてください。